FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

New York Dolls『New York Dolls』

今回は
New York Dolls『New York Dolls』
です。

New York DollsNew York Dolls
(1990/10/25)
New York Dolls

商品詳細を見る


今回面白いなぁと思ったのは、もしこのバンドが80年代に出ていたら"パンクにロックンロールを取り入れたバンドだな"と感じただろうということです。
しかし実際は1973年発表の作品…つまりSex Pistolsより先にデビューしているんですよね。
パンクっていうのは元のロックを単純化していったものですから、これを進化させる際にはロックから離れない限りどうしても肉づけ的要素が入ります。
つまりパンクの影響元とその発展系は必然的に同じようなものにならざるを得ないのでは、それが所謂リバイバルブームとなったのでは…という。
完全に素人考えですけどねw
実際はロック以外の要素をどんどん取り入れたバンドも多かったでしょうし。

さて、本作はパンクの要素を感じさせる真っ当なロックンロールだったわけですが…。
私は真っ当なロックンロールがそんなにハマらないので、そこまでツボな曲はありませんでした。
ただそのパンク要素、もしくはニューウェイヴの匂いを漂わせる形で逸脱を狙う曲もありました。
パンク的要素が強いものでは「Personality Crisis」、ニューウェイヴのにおいがするものでは「Private World」なんかが良かったです。



(下は最近のしかなく…)


この作品を購入したのはライヴ映像を見たからだったのですが、
そこで感じた期待値通りの良さは感じられませんでした。
パンク系統のバンドの宿命ですかね。逆に実力派ともいえますが。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

2013.08.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 洋楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

9say

Author:9say
音楽(60~70年代洋楽、70~90年代邦楽中心)、映画などの只の感想文を垂れ流します。エッセイ、レビュー、コラム云々…は書けません。感想文です。
気に入らなかったものも含め、日々聴いたものの感想を載せていこうかなと。
知識はなく主観的。精通した方はお笑いになるかもしれませんがよろしければ。

タグ無限ツリー

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。