FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

LONG VACATION『LONG VACATION'S POP』

今回は
LONG VACATION『LONG VACATION'S POP』
です。

LONG VACATION'S POPLONG VACATION'S POP
(1992/08/26)
LONG VACATION

商品詳細を見る


ケラ、みのすけ、中野テルヲによるバンドLong Vacationの1stアルバムです。
このバンドの作品を聴くのは2回目ですが、前回聴いた作品はインストな上BGM要素が強すぎたため初めてのような感じ。
ただ作品に漂う雰囲気は前作から予感したとおりです。
タイトル通り、いわゆる"海外的バカンス"を感じさせるもの。
またジャンル的にはテクノ歌謡と言われますしメンバーもテクノ関連の人が多く、
実際テクノ的な音は曲の陽気さや爽快感を演出するのに重要な役割を担っています。
ただこの作品はジャンルに縛られないバラエティに富んだ内容。
とにかくバカンス的なポップス・バンドをやろうという趣旨なのだろうと思いました。

曲に関して言えば…
まず本作でもケラさんらしくカバー曲が多く収録されています。
いつも通りテンション高くカバーしたMichel Polnareff「シェリーに口づけ」はさすがという感じの内容。
本作の海外的バカンス感を象徴するようです。




メンバー作曲ではやはり中野テルヲによる「Baby Go Round」がお気に入り。



リフ的な電子音とシンセの音の組み合わせが爽快感を感じさせます。
歌メロには彼のソロ作に近いものがありますし、歌詞はケラさんとの共作のせいか流石の語感。
なんだかソロアルバムを聴きたい衝動が強くなりましたw

他の曲では「Visionary Stories」などがちょっとジャズっぽい歌謡曲風だったりして好きだったのですが…
今回の作品で、もしかして自分はケラさんの作曲はそこまで好みじゃないのでは…?と思い始めてしまいましたw
有頂天でも好きなのは他メンバー作曲が多かったですし、カバー曲だったり…。
まぁ、その所属グループが好きだったり、作詞が好きだったりで十分ですけどね。


そういえばこの作品、ヒカシューのベーシスト坂出雅海氏もレコーディングやタップ音で参加してるんですよね。
ライヴの時も思いましたが本当にヒカシューの人たちは何でもできるなぁ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

2013.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 邦楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

9say

Author:9say
音楽(60~70年代洋楽、70~90年代邦楽中心)、映画などの只の感想文を垂れ流します。エッセイ、レビュー、コラム云々…は書けません。感想文です。
気に入らなかったものも含め、日々聴いたものの感想を載せていこうかなと。
知識はなく主観的。精通した方はお笑いになるかもしれませんがよろしければ。

タグ無限ツリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。