FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

BARBEE BOYS『√5』

今回は
BARBEE BOYS『√5』
です。

√5√5
(1995/07/21)
バービーボーイズ

商品詳細を見る


私が彼らの曲を初めて聴いたのは友人とのカラオケででした。
曲は本作収録の「目を閉じておいでよ」
ライヴ映像つきだったのですが、その際は"ナルシスト感凄いな"というだけの印象でした。
数年経ち本物の映像を見て"あれ、なかなかエレキギターが音もリフも格好良いな"と好感度上昇。
それをきっかけに歌詞をきちんと調べ"これは良いぞ!!"と開眼し、このアルバムを聴くに至りました。



本作ではライヴに比べギターのうねり感が少ないけど充分。
歌詞は他の人を想う女性と、それを受け止めながら抱く男性のやり取り。
口説き文句として"目を閉じておいでよ 顔は奴と違うから"は器でかすぎますね。

他の曲でそこまでハマるものはありませんでしたが…。
「さぁ どうしよう」はハードボイルド感とキャッチーが両立されていてよいですね。



基本は色気のある女性ボーカルで、サビだけハスキーな高い男性ボーカルが叫ぶという構成もメリハリが効いていて好きです。

また毛色が違いますが「君を見てるとしょんぼり」なんかも。
唯一シックなバラードですが、ハスキーで震え気味なボーカルが合ってます。
歌詞に共感したりはなかったですが…。


個人的にはもうちょっとギターロック的なもの、「目を閉じておいでよ」的なハードボイルドなものが味わえると思っていたので少し拍子抜けしましたが、
それでも十分男女ツインボーカルが際立つ個性的な内容を楽しめました。
また、後々味わいの増すスルメ・アルバムの予感もしますね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

2013.08.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 邦楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

9say

Author:9say
音楽(60~70年代洋楽、70~90年代邦楽中心)、映画などの只の感想文を垂れ流します。エッセイ、レビュー、コラム云々…は書けません。感想文です。
気に入らなかったものも含め、日々聴いたものの感想を載せていこうかなと。
知識はなく主観的。精通した方はお笑いになるかもしれませんがよろしければ。

タグ無限ツリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。