FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Cornelius『THE FIRST QUESTION AWARD』

今回は
Cornelius『THE FIRST QUESTION AWARD』
です。

THE FIRST QUESTION AWARDTHE FIRST QUESTION AWARD
(1994/02/25)
Cornelius

商品詳細を見る


小沢健二フリッパーズ・ギターも結構聴くんですが、こちらは全くでした。
単純に私の中で『小沢健二ソロ>>>フリッパーズ・ギター』位の序列である、かつ小沢健二ソロもそんなに好きじゃなかった、ということが理由としてあります。
しかしまぁ…正直小山田さんについてあまり良くない噂を聞いてたというのもでかいです。
記事の写しとはいえネット情報なのでここで詳細は書きませんが…。
あまりそういう人の音楽気に入りたくないなぁと思い。
でも最近小沢健二ソロフリッパーズ・ギターも聴く頻度が上がってきた(特に小沢健二ソロがかなり)ため、いつかはこちらも絶対聴くことにはなるんだろうし…と思って今回聴いてみました。
ってか私の聴き方こんなんばかりですねw

本作はフリッパーズ・ギター解散後、1993年に出されたソロ初アルバムなわけですが…。
至極当たり前の話かもしれませんが予想以上に小沢健二ソロと似ていて驚きましたw
編曲としては全く異なるんですが、歌の在り方が同じというか…。


「太陽は僕の敵 -THE SUN IS MY ENEMY」

違いを言えば…
こちらの方がフリッパーズ・ギターの作風を継承してる感は強いですね。
そしてエレキにしても何か音がソリッドで先進的だという印象です。
なんだか+ピチカート・ファイヴのような匂いがします。それが渋谷系というのかは知りませんが。
また2人のソロで同じくファンク風の曲をやるにしても、こちらはロック的に刻んでいく感が強い。
という感じですかね。


「(YOU CAN'T ALWAYS GET) WHAT YOU WANT」


結局小沢健二の方がバンドから路線変更をした形と解釈しましたが、
バンドの路線を残したCorneliusの方が、同時期の音源を今聴くと新鮮というのはなんか面白いです。
この系統を古臭いという人はいるかもしれないですけど、まだこの系統で新曲出す人いそうなんですよねw


結局悪くないアルバムだったんですが…正直先述した偏見を取っ払えるほどのものではなかったですね。
正直に言うと本作を手に取った要因として、噂の真偽は置いといて、人格破綻すら許容されるレベルの音楽が聴けるのではという期待もあったんですが…。
悪い作品ではないですがそういったレベルの音楽は、もっと凄いものであって欲しいですね。
物凄い上段から物を言うようで恐縮ですが…。
まぁソロの1枚目で全てが分かるなんてわけないですけどね。
人格破綻者じゃないけど、ことぶき光さんレベルまでぶっ飛んでるとなんかしょうがないかなって気になりそうですw


関連記事
スポンサーサイト

2013.05.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

9say

Author:9say
音楽(60~70年代洋楽、70~90年代邦楽中心)、映画などの只の感想文を垂れ流します。エッセイ、レビュー、コラム云々…は書けません。感想文です。
気に入らなかったものも含め、日々聴いたものの感想を載せていこうかなと。
知識はなく主観的。精通した方はお笑いになるかもしれませんがよろしければ。

タグ無限ツリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。