FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Focus『Moving Waves』

今回は
Focus『Moving Waves』
です。

Moving WavesMoving Waves
(1996/06/07)
Focus

商品詳細を見る


1971年に発表された、オランダ出身のプログレシッブ・バンドFocusの出世作である2ndアルバムです。
どういうアルバムかというとまぁ…基本的には非常にプログレらしい作品です。

大半がインスト中心の情緒ある牧歌的ナンバー。
フルートやメロトロンといった楽器。


「Janis」

B面はPink FloydやらEL&Pやらを思わせるタイプの20分強の組曲。


「Eruption」

妙にセンスのないジャケット(笑)

うん、典型的なプログレ・バンドですね。1曲目「Hocus Pocus」を除いて。



私、プログレは好きですけど、所謂"牧歌的""幻想的"プログレはあまり好きじゃないんですよ。
"幻想的"なものは好きなんですけど、プログレにおけるそれは大体西洋の神話からイメージされるタイプのもので、ちょっと好みとずれてるんです。
恐らくこの曲もその延長線上にあるとは思うんですが…明らかに行き過ぎています。
まるで世界の終末を前にした露出狂の神々が焚火を囲んで全員でポルカを踊っているかのような…w
基本ジャンルとしてはハード・ロックなのに、ヨーデルにスキャットがまるでリフのように多用。
途中は転調してアコーディオン(?)、手拍子、高音口笛だけのパートがあったり(上のライブ動画では若干削られてますけど)…。
ヨーデルなんてLed Zeppelin「Immigrant Song」における冒頭のシャウト並の存在感です。

バカテク、よくわからない緊迫感、エキセントリック感からすこしFrank Zappa的な何かを感じます。
流石にあそこまで世間を馬鹿にしたような姿勢ではないでしょうけどw
この曲、世界的にかなり有名らしく、ネットの評価を見るとこれのおかげでFocusをコミック・バンドと思ってる方も多いようです。
(ギターのJan Akkermanは一時期英国でEric Claptonやらを凌ぐほど人気あったそうですけど…)
私はヒカシューやらを愛聴してるせいか、コミック・バンドという印象は全く受けませんでした。
そこら辺の受け止め方は、単純に感受性の問題だけじゃない気がして面白いです。


別に他の曲が悪いわけじゃないんですけど…あまりに1曲目とのギャップがありすぎました。
1曲目から組曲までずっと情緒的なものなおかげで軽い賢者モードみたいになりましたし。
組曲もバカテクが垣間見えはするんですけど、周りに比べ物凄く突出しているという印象もないですし、そもそもプログレ好きならもうテクで驚かないですからね。
ボンゴも交えたパーカッションソロがあったりとちょっとプリミティヴさの片鱗が見えるんですけど。
他にヨーデルやら駆使した曲があるならまたチェックしてみたいと思いますw



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

2013.06.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 洋楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

9say

Author:9say
音楽(60~70年代洋楽、70~90年代邦楽中心)、映画などの只の感想文を垂れ流します。エッセイ、レビュー、コラム云々…は書けません。感想文です。
気に入らなかったものも含め、日々聴いたものの感想を載せていこうかなと。
知識はなく主観的。精通した方はお笑いになるかもしれませんがよろしければ。

タグ無限ツリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。