FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

長渕剛『Captain Of The Ship』

今回は
長渕剛『Captain Of The Ship』
です。

Captain of the Ship (24bit リマスタリングシリーズ)Captain of the Ship (24bit リマスタリングシリーズ)
(2006/02/08)
長渕剛

商品詳細を見る


中島みゆき作でもお馴染みの瀬尾一三氏との共同プロデュース作。
フォーク調のものも多いけれど、人間の生死まで歌うようなスケールの大きな曲が多いです。
しかし中島みゆき作ほどのダイナミックさにまでは及ばず。
ファンは"呑み込まれた"みたいな表現よく使いますが、私は今回何度も曲を止めて能年玲奈ちゃんの動画にくぎ付けになってましたからね。じぇじぇ。
それはやはり人間としての器のでかさの違いが出てるのではと思ってしまいます。

本作には湯川れい子氏によるライナーノーツがついていますが、それを読むとよくわかります。
突っ込みどころ満載。一部抜粋すると…。
"これほどのスケールの大きな歌を、これほどの誠実さで歌ってくれるアーチストは、少なくともこの日本には、剛を置いて他にいない"
"早死なんかして、女房子供を泣かせないでね。"
などなど…
また長渕アンチ達の根拠として"暗い""押しつけがましい""ヤクザっぽい""暴力的だ"…といったことを上げ
"結局は「あまり、ちゃんと聞いたことが無いからよく解らない」という所に行きつく。"と結論付けています。

このとんちんかんな分析は熱狂的ファンによくある現象ですよね。
アンチが長渕を嫌う理由は"偽善""虚勢""小物臭"といった印象によるところが大きいでしょう。
実際この作品発表後長渕剛はこの湯川れい子氏の分析を嘲笑うかのような(w)事件ばかり起こすわけで。
相田みつをからの盗作問題、国生さゆりとの不倫、桑田佳祐との喧嘩、果てには大麻所持による逮捕…。

一応本作には人間・自分の弱さということもしばしば表現されてはいます。
それを受け止めてまっすぐ生きていこうという…「RUN」なんかがそれに当たりますね。



でもこの歌詞自体が相田みつをから持ってきたものだし、"だけど人の道だけは はずれておりません""あんたも腹割って話そうや"が全部不倫や大麻やらでひっくり返るという…w
まぁ"嘘をつき続けて俺生きている"という歌詞もあるのでそれも含めてだという解釈は可能かもしれません。
しかしそれにしても現在の長渕剛をみたって、そういった自分の現状を受け入れた・乗り越えた様子はみられないんですよねぇ。
やはりそのすべてが虚勢に見えてしまう。
本作は特に今より歌い方の癖がやたら強いですしw
1曲目「人間になりてえ」の冒頭では何度か吹き出してしまいましたw





まぁ以上のように批判的なことばかり書いてきましたが、作品全体としてみればそう嫌いじゃないです。
もう嘘くささ満点ではあるんですけど、メロディには関係ないですからね。
表題曲「Captain Of The Ship」なんかはもう嘘くささとか乗り越える謎のパワーがありますからねw



やっぱり虚勢だと思うので素直に感動することはないんですけどw

後フォーク調の曲は歌詞さえ無視してしまえば聴きごたえがあります。
歌い方が独特なので自らハモリを入れるパートでは何とも言えない深みもあり。
それとちょっと思ったんですが、この人のフォーク系以外の曲ってボーカルが独特だからフォークっぽくなってますが、実は大黒摩季とかとジャンル同じじゃないですかね?
上に挙げた「人間になりてえ」のコード進行とか…。1993年発売だからってのもあるでしょうけどね

しかし…
今まで軟弱フォーク少年からやくざキャラへ、良き兄貴分・子供達のお兄さん的存在へとキャラ変遷をたどってきた彼ですが、今後どこへ行くんでしょうかね?
私は、そろそろ"俺も昔はいじめられていた"キャラになるのではないかなと予想してるんですけどw
ちなみに最近の彼は書道家的なことにも。



いやぁ…
今後も師匠にはこの調子で頑張って頂きたい!
(まぁ実際本人も色々わかったうえでやってるとは思いますけどね…w)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

2013.06.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 邦楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

9say

Author:9say
音楽(60~70年代洋楽、70~90年代邦楽中心)、映画などの只の感想文を垂れ流します。エッセイ、レビュー、コラム云々…は書けません。感想文です。
気に入らなかったものも含め、日々聴いたものの感想を載せていこうかなと。
知識はなく主観的。精通した方はお笑いになるかもしれませんがよろしければ。

タグ無限ツリー

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。