FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

The Killers『Sam's Town』

今回は
The Killers『Sam's Town』
です。

Sam's TownSam's Town
(2006/09/28)
Killers

商品詳細を見る


The Killersは昨今人気のニューウェイヴ・リヴァイバル系として語られるバンドの一つですね。
バンド名もNew Orderの楽曲が元ネタだったりしますし…。
でも実際は日本のポップス・ロックバンドに近い印象をけました。
ストリングス等のバンド的でないサウンドの使い方や、どの曲もキャッチーでドラマティックなサビが盛り上がりのピークになっているところとか…。


「Sam's Town」

確かにギター・フレーズやボーカルにニューウェイヴ臭を感じたりはするんですけどね。
だから雰囲気は好きなんですけど、個人的には曲がどれも似たり寄ったりでイマイチなものが多いように感じました。
あまり捻りが感じられないのはUSロック・バンドの流れなんですかね。

そんな中でも「My List」は曲構成とサウンドがマッチしてて好きです。



またドラマティックなサビが曲のピークというのは他と同じなんですが、この曲はそこに至るまでが違う。
ドラムとピアノが響く中ボーカルが歌い上げる、本作中最も静かなパートになっています。
イントロのテルミンがまた合うんですよね。ドラマティックなサビの後すぐそのイントロに戻るのもポイント。
ここが印象的過ぎて、初めて聴いたときこの"List"って手首の"リスト"で"リスト・カットしちゃう自分の絶望を歌った曲だ!"なんて勝手に解釈しちゃってましたw
実際はただの(?)ラヴ・ソングなんですけどね。


という訳で結構好みのバンドだし「My List」が好きだから今回の記事で扱おうと思ったわけですが、
久々に聴いたらそんなに好みでもなかったという稀有な例でしたw




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

2013.06.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 洋楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

9say

Author:9say
音楽(60~70年代洋楽、70~90年代邦楽中心)、映画などの只の感想文を垂れ流します。エッセイ、レビュー、コラム云々…は書けません。感想文です。
気に入らなかったものも含め、日々聴いたものの感想を載せていこうかなと。
知識はなく主観的。精通した方はお笑いになるかもしれませんがよろしければ。

タグ無限ツリー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カウンター

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。