FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

世良公則 & ツイスト『世良公則&ツイスト ベストコレクション』

今回は
世良公則 & ツイスト『世良公則&ツイスト ベストコレクション
です。

世良公則&ツイスト ベストコレクション世良公則&ツイスト ベストコレクション
(1999/03/25)
世良公則&ツイスト

商品詳細を見る


言い訳をば。


私、大抵CDは中古で購入していました。
昔は1000円位なら"普通の邦楽CDの1/3位じゃん!"って感じでガンガン買ってたのですが…最近はそうもいかなくなってまいりました。
お金がないということもありますが、図書館の有用性に気づいてしまったんですね。
無料ってのは怖いものです。
前なら400円位で少しでも気になれば買いでしたが、今はたいていスルーです。
特にヒットしたアルバムなら半々くらいの確率で図書館にありますからね。
ヒカシューだってあるくらいですから。
でまぁオリジナル・アルバムが中古でも図書館でも見当たらないってミュージシャンも結構いるわけで。
その結果以前は忌み嫌ってたベスト・アルバムにも時々手を出すように。
多少仕方ないところはありますが…いけない傾向ですかね。

ってなわけで今回は世良公則&ツイストのベストなわけです。
しかしベストってのはその名前だけあって、やっぱり良い曲が多いわけですw
なので今回は初めてその魅力に気づけた曲についてだけ少しだけ…。
(つまり「銃爪」やらについてはいまさら触れないと。)

まず全体について抱いた印象としては、意外とゴキゲンなR&R!!的な曲が多いということです。


「知らんぷり」

前回聴いたアルバムにもそういう曲はありましたが、どちらかというとHR路線という感じでしたので…。
「燃えろいい女」はゴキゲンですけどちょっと違いますしねw
他には、予想通りだけどバラード系も多し。
その中ではロックテイストの強い「マギー」なんかが好み。
HR路線と言えるものではライヴ音源らしい「身に覚え」辺りが好きでした。


全体として悪くなかったんですが、なんとなく特にバラード系に、似た曲が多い気はしました。
ボーカルも特徴的過ぎるし現状打破は難しくて解散に至ったのかもしれないですね。
他に一つ何点を挙げるとすれば、松任谷正隆氏が編曲を担当したものはイマイチバンドに合ってなかった気はしますw偏見かもしれないですが。
あ、そういや「宿無し」ちゃんと聴いたの今回が初めてだと気付き、勝手に吃驚したりもしましたw



これもゴキゲンR&R


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

2013.07.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 邦楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

9say

Author:9say
音楽(60~70年代洋楽、70~90年代邦楽中心)、映画などの只の感想文を垂れ流します。エッセイ、レビュー、コラム云々…は書けません。感想文です。
気に入らなかったものも含め、日々聴いたものの感想を載せていこうかなと。
知識はなく主観的。精通した方はお笑いになるかもしれませんがよろしければ。

タグ無限ツリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

フリーエリア

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。